一般社団法人落語協会

-芸人紹介-

柳家 小菊 (やなぎや こぎく)

出身地
東京都府中市
出囃子
六段くずし
備前蝶菱
芸歴
1973(昭和48)年
柳家紫朝(鶴賀喜代太夫)に入門
1979(昭和54)年
新内師範として「鶴賀喜代花」の名を許される
初高座
日時:1974年01月01日
場所:本牧亭
演目:新内 明烏后正夢(あけがらすのちのまさゆめ)
出版物
CD:「江戸のラヴソング 柳家小菊・ひきがたり寄席のうた」(ソニーミュージックSICL148)
得意ネタ
淡海節 さのさ どどいつ やぐら太鼓 たぬき
【新内】明烏 日高川
受賞歴
1977(昭和52)年
第6回放送演芸大賞(フジサンケイグループ主催) ホープ賞
1977(昭和52)年
第14回ゴールデン・アロー賞(日本雑誌協会主催) 芸能新人賞
趣味
パッチワークキルト スポーツ観戦(観るだけ)
自己PR
・東京の寄席を中心に新内と端唄、俗曲、都々逸などを演奏。
・めざすは「江戸の音色で大人のラブソング」。
・住吉木遣り連「大江戸小粋組」の一員として木遣りと住吉踊りでも活躍中。